薪ストーブ 建築設計 柿渋塗装 宅地造成 薪製造販売 煙突工事

石川設計のこだわり
弊社は、昨今の健康を害する恐れのある建築に対し、深い憂慮の念を抱き、外壁・内壁・床材等使用する材料にこだわり、人々が安全で、健康的な生活を営むことを主眼に置いた住まいづくりの提案をさせて頂きます。
木造建築

クリックして拡大写真がご覧になれます
ツ~ンと優しく鼻を突かれる樹の香り。癒しの中に溺れてしまいそうな住い。そんな住まい造りのお手伝いを、弊社は目指しております。
一刻一日を競って・・・自然素材を無視した建材を使って完成させるよりも、自分の拘りや主張を追及した家、ジワジワ少しずつ、永く愛着を持ち続けられる家。家って20・30年間、住めれば良いのですか?その20・30年間を、「妥協」と言う二文字だけで生活を送って行くのでしょうか?執拗な訪問販売や営業力を前面に圧し出す建築手法を、私は好みません。時代の流れに沿って居ないかも知れません。
無垢材の数々を並べ比較しましても、均一な木肌を私たちの眼にさらしてくれません。ナカナカ、二つ三つと同様の紋様は見当たりません。しかし私たちの掌や足裏は、無垢材に触れた瞬間、樹の温もりを感じ取ることが出来ます。その感覚は、人や社会に優しく接するための根源ではないでしょうか。同じ紋様が揃わないところ、それが無垢材の特徴です。私は、この事を建築主さんや大工さんに提案させて頂く事を主眼に、木造建築を推進します。
鉄骨造建築
鉄骨造とは … ?
建物の躯体に鉄製や鋼製の部材を用いる建築の構造を指します。
S造、鋼構造などとも呼び変えられています。
鉄骨造のなかで、鋼材の厚みが6mm未満のものを「軽量鉄骨」、鋼材の厚みが6mm以上のものを「重量鉄骨」といいます。鉄骨造の良いところは …?木造は、地震、風などの力を柱以外に壁(耐力壁や筋違い)をバランスよく配置して安全を確保する構造です。それに対して鉄骨造は、柱と柱の間隔(スパン)を広くとることができる上、耐力壁を全く必要としない、純ラーメン構造が可能ですので、より大きな空間を確保できます。住宅などの場合、住宅の内部を無柱空間とし、将来、内部間仕切を自由に変更することも、可能となる分けです。
たとえば… 「今は、子供が育ち盛り。子供部屋が一人に一部屋あるといいな。でも10年後には子供たちは独立してしまう。
その時はみんなが集まれる、大きな部屋にリフォームしたい。」また、「高齢になった両親と同居。でも1階には個室がない。
足が不自由なので、2階は不便だな」など。鉄骨造でしたら、生活環境の変化に合わせ住空間も自由に変更可能です。
また、床をコンクリートで造ることにより「上階の音」にも優れた遮音性を発揮します。 二世帯住宅などには重宝される特性です。
鉄骨造の気になるところは … ?
木造に比べ、単価が高くなります。
木造に比べ、重量が重いため強い地盤
(支持地盤)が必要となります。
基礎工事に時間がかかります。意外に「火」に弱いです。鉄骨造の柱や梁に耐火性を与えるために、被覆を施す必要があります。
宅地造成設計

クリックして拡大写真がご覧になれます
鉄骨造の気になるところは … ?
木造に比べ、単価が高くなります。
木造に比べ、重量が重いため強い地盤
(支持地盤)が必要となります。
基礎工事に時間がかかります。意外に「火」に弱いです。鉄骨造の柱や梁に耐火性を与えるために、被覆を施す必要があります。
提案図に示しますとおり中大規模な分譲住宅地、戸建ての住宅地を作るとき、私はこの様な平面計画・敷地の断面計画を
勧めて、安全な宅地造成の設計を致します。
単に眼の見える所よりも、実は地中に隠れて見えない所が重要なのです。
営業品目
■ 建築設計、確認申請手続代行、木造住宅耐震診断、工事監理。
■ 土木設計、工作物設計、宅地造成設計、工事監理。
■ 開発行為許可設計、開発行為許可申請手続代行、工事監理。
土木・建築設計のお問い合わせはこちら